和茶美's Life

和風な体験、茶の湯や着物を楽しむイベント情報を紹介しています。また、日常生活での和の発見を綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

和茶美の会 「筑波嶺の岩もとどろに落つる水」

少し涼しくなったかと思いきや、今日は暑さがぶり返してきました。
かなり気温が高くなっています。

そんな中、第8回和茶美の会「筑波嶺の岩もとどろに落つる水」を開催させていただきました。

古歌にも詠まれている筑波山の周辺には水量の豊富な湧水が多くあります。
今回は霊峰筑波山の名水でお茶を差し上げました。

先週筑波山へ下見に行った時、いくつかの場所の水を取ってみたところ、
一番水質のよいと考える湯袋峠のお水を汲んできました。

s-IMG_20150814_133528.jpg
筑波山湯袋峠にて

水色もいつもクリアで安定しているお水です。


濃茶席は名水点にて差し上げました。

s-DSCF2053.jpg


床 相国寺百二十九世山崎大耕筆「独坐大雄峰」
お花は小菊とトリアシショウマ


s-DSCF2052.jpg
水指 「手桶」奥田光祥造



s-DSCF2039.jpg
お菓子は「水月」鶴屋八幡製

水色の葛の中は八幡さんお得意の玉子餡だったので、色合いがきれいでした(^^)



薄茶席は、筑波山のススキや萩にて野趣あふれるお床に。

s-DSCF2057.jpg

床の歌は、「夜もすがらなくねきそへる野辺の虫 ひるは草葉のかへに寝にけむ」 藤村叡運

そろそろ虫の音が心地よく聞こえる季節ですね。
薄茶席はぐっと秋が近くに感じられました。


s-DSCF2043.jpg

お菓子は栗の生落雁「くりは奈」小布施堂製と「秋桜」鶴屋八幡製


暑いのもそろそろ勘弁という気持ちなのですが、こうして秋がやって来ると、
夏も終わっちゃうんだ~とちょっと寂しく思えたりもしました。


でも茶室から一歩出れば、まだ残暑は続いていました!!
やっぱり早く涼しくなって欲しいですぅ。


ご参会いただきました皆様ありがとうございました。
夏から秋へ季節の移ろいを少しでもお感じいただけたなら幸いです。



| 和茶美の会 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

和茶美の会 「雨を楽しむ茶会」開催

和茶美の茶会を開催致しました。

朝は雨が強く降っていましたが、だんだんと空が明るくなり曇り空の一日となりました。
梅雨真っ只中の茶会は、お越しくださるお客様のことを考えるとお天気のことを心配せざるを得ないのですが、
雨もまた楽し♪と思っていただけるような会にしたいと願いお迎えさせていただきました。

s-DSCF1756.jpg

「雨中蓮」

雨の日、蓮の葉に落ちる露がこぼれてはたまりと繰り返す様を眺めるのも楽しいものだと
幕末から明治にかけての歌人松波資之の歌を寄付に。



s-DSCF1742.jpg

菓子器は歌に出てきた蓮の葉、清水六兵衛作



s-DSCF1749.jpg
「あじさいきんとん」鶴屋吉信製




s-DSCF1753.jpg

そして本席は「白雲断処家山妙」中原南天棒筆



s-DSCF1750.jpg

台目棚を用いたので、お客様との距離も近く、
弾む会話で場も和やかに。

一座建立の気持ちよさを実感でき、嬉しい限りです


ご参会いただきました皆様ありがとうございました。

| 和茶美の会 | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

和茶美の会Vol.6 「おもしろうてやがて悲しき鵜舟かな」

今年になって初めての「和茶美の会」を開催致しました。

初風炉になり、清々しい風を感じる季節のお茶をお客さまとご一緒に楽しませていただきました。

今回は諸事情により立礼席となりましたが、お客様には好評をいただきよかったです。

s-DSCF1545.jpg

「明歴々露堂々」芳賀洞燃筆

s-DSCF1553.jpg

お花は、鵜籠にガマズミと草藤
どちらも雑草と言ってしまえば雑草の種でありますが、茶席では旬な輝きがありました。



s-DSCF1542.jpg

お菓子は「山若葉」鶴屋吉信製

s-DSCF1550.jpg

干菓子は銘が「相模太郎時宗」という鱗紋の和三盆、「かがり焼鮎」は長良川近くの奈良屋さんのもの。



今回は「おもしろうて やがて悲しき鵜舟かな」と芭蕉の句をタイトルにさせていただきました。

芭蕉の句とお能の「鵜飼」のストーリーがリンクして、
お道具組みへと導いてくれたようです。


s-DSCF1554.jpg

詳細はこちらを参考にしてくださいませ→半陶半茶繁盛期


s-DSCF1556.jpg

結界代わりの青楓や簾で涼やかなお部屋になりました。

五月なのに真夏日の暑さが続いておりましたので、少しでも清々しさや涼しさをお感じいただけたなら幸いです。

ご参会の皆様ありがとうございました。



| 和茶美の会 | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「和茶美のもみじ遊山」茶会 その1

秋晴れの中「和茶美のもみじ遊山」茶会を開催致しました。

最初のお席は、「炉開き」のお祝いのお席とさせていただきました。

wasabi201411158
「粟ぜんざい」手製


寄付のお席にてお菓子をお召し上がりいただき、小間へ進んでいただきます。
お菓子は「粟ぜんざい」、五穀豊穣の恵みをいただきます。


wasabi201411151

関精拙筆 「瑞雲遶石臺」
花は西王母椿、天藍磁(伊東翠壺造)の花入で

茶壺も飾らせていただきました。
こちらは奥田の父、奥田光祥作。
海波文が象嵌で描かれています。
  

wasabi201411152


抹茶は「五雲の白」上林詰

これから始まる一年も掛物やお茶の「おめでたい雲」にあやかれるとよいなと思いながら、
皆様に薄茶一服差し上げました。

| 和茶美の会 | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「和茶美のもみじ遊山」 和みカフェvol.5 ご案内

「和茶美のもみじ遊山」 和みカフェvol.5

11月に和みカフェを開催します。

もみじ

「紅葉添秋色」
朝晩はめっきり寒くなりました。
もうすぐ山間では木々が色づき始めるでしょうか。
今回は紅葉狩りをご一緒に、秋の風情を楽しみましょう。

「和みカフェ」は、季節や伝統行事、旬な出来事など様々なテーマでお茶と和文化を楽しむイベントです。
茶道経験者はもちろんのこと、初体験の方にも楽しんでいただける会を目指しています。
ぜひ「和みカフェ」で日本の伝統文化に触れてみてください。

前回の「和みカフェ」の様子

http://wabunka.blog75.fc2.com/blog-entry-235.html
http://wabunka.blog75.fc2.com/blog-entry-236.html
http://wabunka.blog75.fc2.com/blog-entry-237.html
http://wasabian.blog.fc2.com/blog-entry-186.html

================

日程  11月15日(土)

御席  寄付席、小間席(薄茶)、広間席(御凌ぎ、一献、薄茶)

    第一席 10:00~ 
    第二席 11:00~ 
    第三席 12:15~
    第四席 13:15~   (所要時間は約2時間20分)

場所  じゅん菜池緑地「登龍庵」 
     市川市中国分4-27
    参考HP http://www.wabunka.sakura.ne.jptouryuan_access.html/

会費  4000円
    *会費は当日受付にてお納め願います 

募集  32名 (各席8名様まで)

申込  電話、メールにて下記のことをお知らせください
     ・お名前
     ・ご希望の御席(時間)
     ・電話番号(当日連絡が取れる番号)
     ・メールアドレス
     ・茶道経験の有無

お申込受付 
 電話:0299-47-1145  奥田まで     
 メール:info@wabunka.jp                                 

主催  茶道「鳳門」
     和茶美

| 和茶美の会 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>