和茶美's Life

和風な体験、茶の湯や着物を楽しむイベント情報を紹介しています。また、日常生活での和の発見を綴っています。

<< 2011-12- | ARCHIVE-SELECT | 2012-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

上田宗箇 生誕450年記念展

年末から1月16日まで開催されていた「上田宗箇ー武将茶人の世界展」を見てきました。

桃山の時代に武将で茶人であった上田宗箇。
古田織部の直弟子として茶の湯に深く傾倒し、織部と共に武家の茶に相応しい価値観の創造に努めた
美意識の高い武将茶人でした。

上田宗箇
上田宗箇2


今回の展示は、歴史的背景の資料から宗箇の好みものの茶道具、お手製の茶碗や茶杓と見どころが
たくさんありました。
作陶していたと聞いていましたが、茶入まで作られていたとは恐れ入りました。
織部好みも多くあり、時代の流れを感じ取ることが出来ました。

上田宗箇流茶道のお点前もビデオで拝見でき、楽しめました。

「さても」という自作赤楽茶碗、大阪夏の陣の行軍中に削った茶杓「敵がくれ」などへ~ぇと思うものが
多く展示されていました。
釜も素敵なものばかりでした
自らの茶道具の美意識を「ウツクシキ」という言葉で語っているそうですが、
まさにウツクシキ数々のお道具を実際に見ることができるよい展示でした。
スポンサーサイト

| 遊-Visit&Try | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。