和茶美's Life

和風な体験、茶の湯や着物を楽しむイベント情報を紹介しています。また、日常生活での和の発見を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

着せ綿 重陽の節句

今日のお菓子は、「着せ綿」という銘です。
少し早いのですが、9月9日の重陽の節句にちなんだものです。

「重陽の節句」とはあまり聞きなれない言葉ですが、わかりやすく言ってしまうと菊のお節句という感じでしょうか。
1月7日 人日(じんじつ)
3月3日 上巳(じょうし)
5月5日 端午(たんご)
7月7日 七夕(しちせき)
9月9日 重陽(ちょうよう)
と五節句のうちのひとつです。

…節句は、中国の陰陽五行説に由来して定着した日本の暦における、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日…
とウィキペディアで解説されています。

昔は節句と言う節目に邪気を払い、健康を願ってきたのでしょう。

重陽の節句では、菊の花と一緒にそれにまつわる風習が古来中国から伝わってきたようで、
節句の前の晩に真綿を菊の花びらの上に乗せておき、翌朝菊の露をふくんだ綿で体を清めると不老不死になるという言い伝えがあるそうです。
長寿や健康になるということでしょうね。

それを宮廷行事として取り入れていたようです。




「着せ綿」清月堂製


このお話を知っていると、ありがたさが増すお菓子ですね。

伝統行事にまつわること、季節や人物の逸話などを稽古の時に少しずつお話させていただいております。
日本の文化や風習のことについて、へぇーっ!て思う発見がある時、お茶って楽しいなと感じます。

暑さもそろそろおさまる頃、虫の音を聞きながら
「この秋は伝統文化に接してみたいなぁ、お茶ってどんなことするのかなぁ」と思われたら、
ぜひ茶道の体験レッスンを受講してみてくださいね。
お待ちしております。


¿

| 茶道の和菓子 | 16:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://wasabian.blog.fc2.com/tb.php/382-2b85d7d7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。